ETCカードの審査について|ETCカードの審査に通るには?

ETCカードの審査とは?「通りやすい」「通りにくい」の違い

ETCカードの審査の基本について

ETCカード審査の基本を理解するためには、次の3点について確認しておく必要があります。
  1. クレジットカードの審査と同じであること
  2. 信用情報機関の登録データについて
  3. クレジットカードの申込条件

すでにクレジットカードを保有している場合は別ですが、これからクレジットカードと
ETCカードを作る場合は、慎重に審査に臨むようにしてください。

 

ETCカード審査はクレジットカードの審査と同じ!

ETCカード審査は、基本的には、クレジットカードの審査と同じです。
クレジットカードの審査に通る方なら、カードの限度額を上限にETCカードも使えるようになることがほとんどです。

 

ETCカードは、ETCシステムを利用するための「特殊なクレジットカード」に過ぎません。
クレジットカードの申込みと同じですので、慎重にサービスを選ぶことが重要ではないでしょうか。

 

信用情報機関の登録データについて

ETCカード審査では、信用情報機関に登録されている情報が確認されます。
信用情報機関は、金融機関と個人が取引する際に「過去の金融機関との取引履歴」を確認するための会社です。

 

これまでのローンの支払いに延滞があったり、債務整理の履歴がある場合は、ETCカードの審査が厳しくなることもあります。

 

まずは、クレジットカードの申込条件を確認!

信用情報機関に登録されているデータは、今からどうにかできるものではありません。
まずは、クレジットカード(ETCカード)の申込条件を確認して、自分が申込条件を満たしているかを理解することが重要です。

 

カード会社が提示する申込条件を満たしていなければ、ETCカードもクレジットカードも作れません。
最低限、カードの申込み条件を満たしているサービスを選び、そこに申込むようにしてください。

 

ETCカードの審査を通りやすい状態にするには?

ETCカードの審査を通りやすい状態にするためにできることは、次の2つです。
  1. 不要なクレジットカード(ローンカード)を解約する
  2. 延滞しているローンは支払いを済ませておく

まず、使っていないクレジットカードやキャッシングのカードがある場合は、
解約しておくことで審査に通りやすい状態になります。

 

とくに、消費者金融のローンカードがある場合は、解約しておくのがおすすめです。
また、現在、延滞しているローンがある状態では、なかなかETCカード審査に通りません。

 

延滞の情報が信用情報機関に登録されている可能性もありますが、
最低限、延滞解消をしてから申込むようにしましょう。

 

ETCカードの審査に通りにくい状態について

ETCカードの審査に通りにくい状態というのは、以下のような場合です。
  1. 収入がない(無職)場合の申込み
  2. 債務整理から5年以内の申込み
  3. ローンを延滞している状態での申込み

延滞については、上でも説明をしましたが、無職や債務整理の情報が残っている状態での申込みは、
やはり、ETCカード審査に通りにくいケースが多くなります。

 

カードの審査は、実際に受けてみないと結果が分かりません。
しかし延滞解消など、できる対策だけでもしておくと申込み後の不安も少なくなると思います。

 

ETCカード審査に通らない場合の対処法とは?

人によってはETCカード審査に通らない場合もあります。
その場合はETCパーソナルカードの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

ETCパーソナルカードなら審査もありません。
延滞や債務整理の履歴も問題になりません。

 

ただし、ETCカードの利用額に応じた保証金(40,000円以上)が必要になり、
申込みに時間がかかる点にも注意が必要です。

 

必ずしもETCパーソナルカードにメリットがあるわけではありませんが、
最後の手段として考えておくだけでも、安心して審査に臨めるのではないでしょうか。

 

ETCを頻繁に利用するならETCコーポレートカードもおすすめ

有料道路を頻繁に利用するのであれば、ETCコーポレートカードの検討も可能です。
ETCコーポレートカードは、NEXCO東日本・中日本・西日本各社が発行しているもので、審査なしでETCが利用できます。

 

基本的には、ETCコーポレートカードは「法人」を想定したものです。
しかし有料道路の利用頻度が高い方なら個人の申込みも受付ています。

 

ただし、ETCコーポレートカードを利用するためには、以下の条件もあります。
  • 出資金10,000円の支払いが必要(解約時に返金されます)
  • カード発行手数料617円が必要
  • 年会費(取扱手数料)が年に617円必要
  • ETCマイレージサービスの申込みができない
  • 車両1台ごとにETCコーポレートカードが1枚必要
  • 保証人が必要(保証書によって支払いの保証をする場合のみ)

 

すべての人に適しているわけではありませんが、審査に通りやすいETCカードを希望している方は、
ETCコーポレートカードについても調べておくようにしましょう。