ETCカードでも審査落ちがある|ブラックになる原因は?

ETCカードの申し込みで審査落ち?ブラックになる原因とは

ETCカードの審査落ちになる原因とは?

クレジットカードが作れる人なら、通常はETCカードも問題なく作れます。
ETCカード審査落ちとなってしまうとしたら、それは、クレジットカード会社があなたのことを「信用できない」と評価したからです。

 

どのような原因で信用を失うのかについてまとめましたので、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

ローンやキャッシングの支払いをしていない
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • クレジットカード
  • キャッシング

以上の支払いをしていない場合は、ETCカード審査にとおりません。
カードの審査では、信用情報機関の登録データを確認します。

 

「金融機関とどんな取引をしてきたか?」が確認されています。
現在、延滞している場合はもちろん、最近の「支払いの延滞」も確認されます。

 

それが原因で審査落ちになることがあります。

 

過去5年以内に債務整理をしている

信用情報機関に登録されているデータには、ローンの契約見直しや債務整理に関するものもあります。

  • 約束どおりにローンが返済できない
  • 任意整理や自己破産などをしたことがある

このような場合は、ETCカード審査でも厳しい評価となることが予想されます。
とくに、裁判所の手続きとなる自己破産については、名前や住所が官報で広告されています。

 

それゆえ審査に大きな影響を与えているものと思われます。

 

ETCカード(クレジットカード)の同時申込をしている

ETCカードに限らず、ローンやクレジットカードの同時申込は、審査落ちの原因になるといわれています。
クレジットカードなどの審査では、「いくらまで限度額を認められるか?」を決める手続きをしています。

 

ところが、複数のクレジットカードに申し込んでしまうと、別会社の審査結果に応じて、
限度額を変えなければならない事態になります。

 

通常は、別会社の審査が終わるのを待つことはありません。
同時申込みと確認できた段階で審査落ちになります。

 

ブラックではなくても審査落ちになりますので、ETCカードの申込みは、1社に決めてするようにしましょう。

 

クレジットカード現金化をしたことがある

これまでにクレジットカードの現金化をしたことがある場合は、
カード会社の社内における「ブラックリスト」に登録されていることがあります。

 

クレジットカード現金化は、カードの利用規約に違反する行為になります。
カード会社の担当者が警戒するのは当然です。

 

過去にクレジットカードの現金化をしたことがあり、それでもETCカードを作りたい場合は、
「今まで利用したことがない金融機関」のサービスを選ぶようにしてください。

 

延滞中のローンがある

現在、クレジットカードの支払いや何らかのローンの支払いができていない状況の場合は
ETCカードに申し込んでも審査落ちになる可能性が高くなります。

 

延滞中は、必ず審査落ちになるわけではないかもしれません。
しかし常識的に考えれば、お金のやり繰りができていない人にカードを持たせないでしょう。

 

延滞中のローンがある場合は、必ず延滞を解消してからETCカードに申込むようにしてください。

 

過払い金の返還請求をしたことがある

過去のキャッシングの利用で「過払い金の返還請求」をした方は
ETCカード(クレジットカード)の審査に通らないことがあります。

 

法律上、過払い金は、「支払いすぎてしまったお金」という扱いですが
カード会社の立場で考えると理不尽であるのも事実ではないでしょうか。

 

過払い金の返還請求をした会社でカードが作れないわけではありませんが
できれば、返還請求をしていないカード会社のサービスを選ぶようにしましょう。

 

ブラックリストの基本について

信用情報機関に登録される期間について

過去のローンの延滞や債務整理などが原因で、信用情報機関にネガティブな情報が登録されることがあります。

 

信用情報機関に登録された情報は、一定期間を経過すると削除されます。
登録される信用情報機関により、若干の違いはありますが以下の条件で削除されるのが一般的です。

  • 延滞に関する情報:延滞解消から5年以内
  • 任意整理、個人再生など:返済終了から5年以内
  • 自己破産:手続きから10年以内
  • キャッシング、クレジットカードの申込み:1ヶ月以内

とくに自己破産や任意整理などの債務整理の情報があると、ETCカードの審査に通りにくくなります。
なるべく情報が削除されてから申込むのがおすすめです。

 

あなたがブラックリストかどうかの確認方法について

信用情報機関に登録されている自分の情報は、開示請求をすることで確認できます。
過去の延滞や債務整理などが気になる場合は、自分の個人信用情報を確認してみましょう。

 

その上でETCカードの申込みを検討するのがおすすめです。
一定の手数料が発生しますが、自分の個人信用情報を確認しておくと、安心して申し込めるようになるのではないでしょうか。